ブログ

トイレのリノベ・DIYがほぼ完了しました!

すっごい大変でしたが、おかげでめっちゃいい感じに変化を遂げました!

***

こんにちは。越前大野のヘンな宿&WEBメディア編集長の中村です。

今回は、数か月越しに進んだ家のDIY企画、トイレ編です!

真夏の暑さがピークを過ぎて、ようやく続きに取り掛かることができました。早速見ていきましょう!

Beforeの状態

まずはBeforeから。

建てられたのが比較的古いおうちにしては、トイレは結構きれいだな。という印象です。水洗ですし。

・・・が、謎に小便器と洋式便器が同じ部屋にあるという配置。

おそらく前は間仕切りがあった模様
床はタイル。

以前ここに住んでいた人が残しておいてくれたスリッパやマットはそのまま使わせてもらっていたのですが、「???ここは裸足?スリッパ?」とちょっと分かりづらいという問題も。

あとは色の配色が、絶妙にパステルな緑、青、ピンクという構成で「もしかして景色がパステルになる春にこのトイレを設計・施工したのかな?」という感じで、カラーリングも変えたかった。

いざ設計

というわけで、すごく難しかったのが

・小便器の撤去をどうするか

・カラーリングをどんなふうにするか

・掃除は行き届いているとはいえ、トイレに長時間いるという精神的な抵抗

・大野の真夏の暑さ

というのも相まって、実行に移すのが今の段階となりました。

小便器の撤去

まず取り掛かったのがこちら。

トイレの扉をガラッとあけるとドン!とでてきてインパクトがでかい。あと掃除も大変なのでトイレは洋式のタイプ1つにすることに。

撤去された便器

地元の設備屋さんに撤去を依頼したのですが、すさまじく鮮やかな手際で感動しました。

ドナドナされる小便器の最期の姿
撤去後。しかし設置跡が気になる。

床面のクッションフロア化

妻からのリクエストで「サッと床掃除できるように」とのことだったので、床面はクッションフロアを敷くことに。

パイプ跡や勾配がついていてこのままだと施工できなさそうだったので、木を渡してコンパネで床を作るという工法を採用しました。

設計図

便座の奥の方がすっごい寸法測るのが大変だった

材料調達

材料・カット費こみこみで7千円ぐらい

搬入

家に運ばれた材料たち。重い。

板を渡していきます。寸法がジャストサイズすぎてところどころはめるのが大変でした。

木ってまっ直ぐじゃないんですね(汗)

まずはこんな感じで2×4材を渡していく

コンパネを乗せます。

ピッタリサイズなので釘もボンドもほとんど要らない。はめるだけ

便座の奥の方も、パーツを分けたコンパネを便座奥・右・左に設置。

ここまで来て、ようやくクッションフロアを張るための型紙を作ります。

で、こんな感じで床がキレイになりました!

good!

水回りということもあり、基本的に元に戻しやすい工法に配慮。万一の際もバキバキと床をはがしてリカバーすればダメージも少ないです。

壁を漆喰で塗る

続いて壁へ。

  • タイルでデコボコしている
  • 壁紙も模様が入ったものなのでデコボコしている

ということで、そのまま色を塗ればいい。という下地じゃなかったので頭を悩ませましたが、結局は漆喰で厚塗りしちゃえ!という工法を採用することに。

便器側はグレーの漆喰。それ以外の3面は白にしました。

塗り途中。タイル面にも強引に直接施工しちゃう。めちゃくちゃ量を使った。
汗だくで漆喰を塗る中村。トイレぐらいの狭さなら工期も短めなので◎

特に、便座周りが狭くてめちゃくちゃ塗るのが大変でした。

こんなに便器に近づいたのは人生で初めてです。

ほぼ完成!

というわけで延べ3日ぐらいかけてこんな感じになりました。

こちらの音楽を聴きながらご覧ください。

ファーストビュー

ちょっとまだ養生中

セカンドビュー

座ると見える景色

ここに絵を飾る予定

微妙に材料が足りなくなって、違うしっくいを買ったら色が違った。

後で白く塗ってみよう

俯瞰して1

掃除用具が写ってしまった。

俯瞰して2

鍵をまだつけてないので、しばらくはこの端材で扉を固定

扉の内側も同系色をペンキで塗りました。

平らな面だったらペンキが安くて圧倒的に楽。

最後にあおりで2枚。

Before

After

使った材料

DIYに要した費用は全部で5万円ぐらいでした。

・木材(カット込み)7千円ぐらい

・クッションフロア 3千円ぐらい

・しっくい(グレー)4千円ぐらい

・しっくい(白)1.5万円ぐらい

・ペンキ、ハケ 千円ぐらい

・グリーン 1万円ぐらい

・ゴミ箱やペーパーホルダー(この後買うものも含め)1万円ぐらい

感想

構想が固まれば施工は割とスムーズでしたが、こんなにも便器に顔を近づけて作業したのは人生で初めて・・・(笑)

日頃から来客がちょこちょこあるおかげでトイレも掃除する頻度が多いので良かったです。

しっくいと、光触媒のグリーンのおかげで空気の雰囲気もすっきりしました。

基本的に家で仕事をすることが多く、アイディアやひらめき勝負なシチュエーションも多いので、「インスピレーションが下りやすい場所」というところで色見や空気、置くものにも少しだけこだわってみました。

遊びに来られる方は楽しみにしておいてくださいね!