今月のトピック

9月の振り返り

イベントありすぎて公私ともに多忙。嬉しい悲鳴です。

さて、気が付けば10月も上旬が過ぎてしまいました。忘れないうちに9月の足跡を振り返ってみたいと思います。

薪を調達

九頭竜スキー場で薪を無料配布しているという情報をキャッチし、ジムニーに積めるだけ積んで持って帰ってきました。

これでBBQライフが充実します!

お仕事の相談をいただく

案件は非公開なのですが、先日新聞に取り上げていただいた影響があって、いろんなところで「中村という発信に強いやつがいるらしい」的な話題になっているらしく、お仕事のご相談をお受けしております。

こちらはまたお披露目できる機会があればお知らせしたいと思いますm(__)m

大野ぐらし体験合宿を開催!

京都、大阪、福井市などからお客様を招いて、大野暮らし(フリーランス×田舎暮らし)の体験をしていただく合宿を一泊二日で開催しました!

詳しいレポートはこちらにまとめております。

大阪→京都へと仕事してきました

撮影の依頼があって、大阪と京都へ。

お仕事自体はとても楽しく、お相手のお客様にも大変良くしていただき充実した出張だったのですが・・・

ああ人が多い人が多い・・・

静かである。ということはとても贅沢な環境なんだということが改めて実感できました。

六呂師高原や、5番商店街で行われる(行われた)イベントの記録を作りました

おそらく大野にすむ36歳でトップクラスにヒマなので、スキルを社会に還元すべく地域の名プレーヤーの皆様の活躍を記録に残しています。

ボルダリングスペースが新しくできたり・・・

六呂師高原では自然をテーマにしたフェスが行われたり・・・

・・・と、小さい街ながらも確かに活気づいています。

「なんか大野って面白いこと色々やってますね」・・・と、他の町の人にまで認知が広がっているのは嬉しい限りです。

もともとやっていた動きを「可視化した」という自身の役割が実感できて◎

畑の様子

この記事を書いているのが10月11日。秋冬野菜の種を撒きましたが、、、夏野菜が残っている畝ではいまだにナスやオクラ、ミニトマトがなります。

また、オクラの自家採取にもチャレンジしてみました。

固定種・在来種の種を買ってちゃんと育てれば、来期はいちいち種を買う必要がありません。

買った量以上に種が採れるので、このサイクルをうまく回していくことでくいっぱぐれることはないような気がしています。

剪定した枝が乾燥したので、燃料にしてみた

こちらは春に剪定した庭木。捨てずに放置して乾燥させておいたのですが、ちゃんとカラカラに乾いてBBQをするときの燃料になりました。

野菜は放っておいても畑からなるし、燃料は身近なところから調達できるし、水は地下水だし。

自然の恩恵をふんだんに受けております。

この一件があって、がぜん山に興味が沸いてきました。

夏野菜を育ててみて分かったこと

いろいろと本を読み漁って畑のことを調べた結果、農薬・化学肥料を使わない、自然の力にゆだねた栽培に取り組んでみました。

うまく育たなかった野菜もありますが、「思っていたよりも楽しめた」というのが感想。

  • 雑草に野菜が負けないように適度に草刈りをする
  • クソ暑い中屋外作業をする
  • 蚊に刺されるのがつらい
  • それでもサボるときがしょっちゅうある

・・・という風に思い出深いことがたくさん。

失敗上等!で全然頑張らずにやってみたのですが、意外と野菜たちって頑張ってくれるもんです。

雑な育て方で収量は大したこと無いと思うのですが「従来の仕事時間の確保」と「畑作業」は十分に両立できることが実証できました。

むしろ、仕事の疲れを畑作業で癒すことの方が多かったような・・・

まずは1巡やってみる。ということがあきらめずにできたので、秋冬野菜~来年も続けてみたいと思います。

まとめ

このように自然に近い暮らしをしていると、暮らしぶりがどんどんシンプルになってきます。

  • 美味しいものが食べれて
  • 家族がニコニコしていて
  • 自分の能力をいかんなく発揮できることで人の役に立つ

これができていればかなり人生幸せなんだな。と改めて実感しています。

またこんな暮らしぶりが珍しいのか、面白がって合う人会う人に「動画見てます」と言われるのは嬉しい限りです。

つくづく農耕型の発信戦略がスタイルなんだなと実感。裸一貫でここまでできてるんですから、いい仕事してるんじゃないかなと思います。

引き続き暇なのに無駄にスキルだけはアップしていくので、どなたか1件50万円ぐらいの仕事をください。きっと地域に還元できることうけあいですよ。

今後の展望

こんなことを実現したい。というものも新たに出てきたので敢えて明言しておきます。

  • 耕作放棄地を活用してみんなの自然栽培→フリーのシェアトマト畑とかやったら面白そうです。中村が世話の管理人をしますが、「手入れや収穫は近所の人もフリーでやっていいよ」って看板立てて草刈りガマを2,3置いておいたら、なんだかんだでうまく回りそうな気がしています。
  • 山林を購入→自伐林業と、小屋作りにチャレンジしたいです。自宅とスキージャム勝山の中間地点か、六呂師高原が希望です。広さは1haもあれば十分ですが、曰くつきでないことと、きれいな川が流れているところでお願いしたいです。

自然を大切にするまちの人たちが、各自の得意分野で頑張っているかっこいい姿を発信することで、このまちに興味を持ってくれる人の輪が増えると良いなと思っています。

ということで、フリーランスにとって大野暮らしはベストマッチなぐらい最高です。