今月のトピック

2019.1振り返り

こんにちは。越前大野のヘンな宿「縁側」の店主の中村です。

毎日充実して過ごしているおかげで振り返りを忘れてしまいがちなのですが、結構いろいろと(都会の人から見たら)面白い生活をしているのではないかなと思いますので、今月のトピックをダイジェストで振り返ってみたいと思います。

大野での生活が本格的にスタート

こう見えて夫婦で暮らしているのですが、先だって夫の私が大野に先発舞台としてやってきました。

戦略的別居生活を3月までこれから行います。

別居理由は「スノボ」

ここ大野は、西日本最大級のゲレンデ「スキージャム勝山」まで30分ぐらいと超好立地なので、別居するだけの価値はありますね♪

んでもって早速ほんとにまだストーブしかない何も無い幣宅にスノボ仲間が遊びに来てくれました。

振り返ってみても頭のねじが外れていると思う。

しかも野菜持参で!!

深夜までカービング談義をする狂気じみた3名

少しずつ自宅整備

ほんとに未開の地に足を踏み入れた開拓民みたいな気持ちで、1部屋ずつきれいにしていっています。

ザ・男の部屋を・・・
こんな感じに。
ぼろぼろの障子を張り替えたり

網戸の色がちょっとビミョーだったので、、、
思い切って撤去!!!
茶色い壁に灰汁止めを塗って、、、

しっくいホワイトにしたり

できるところから少しずつ手を付けていきました。ちなみに1月って死ぬほど寒い季節です。今年は雪が全然降らなくってまだマシな方だったのですが、凍えるような寒さで作業してたのをおもいだすなぁ・・・(遠い目)

なぜか、いろいろなアイテムを寄贈していただく

1月からは主にFacebookで発信をしていたのですが、噂を聞きつけた方々からいろんなプレゼントをいただきました。本当にありがとうございますm(__)m

沢庵和尚の遺筆「夢」現役の尼僧、Mさまより寄贈
和にガン振りしていたら、お茶の先生から茶道具一式を譲っていただく・・・

京都で活躍する現代書家さんが、書いてくれた「花鳥風月宿」
地元の工務店のおにーさんタクロー氏の家の蔵から頂いた漆のお膳

スノボ仲間からはフライパン。いままで鉄かアルミのパンしかなかったので、大変重宝してます。
実家のばあちゃん家から、椅子(推定昭和40年代)
妻の実家の蔵から、100年前の九谷焼の湯飲みセット
明治41年に無事に帰郷したとしたためてある。時代的に日露戦争から無事に帰ってきたんだろうなと推察。

などなど。

んで、今月下旬になってようやくこたつが搬入されました。和(輪)をモチーフにした円のこたつ

amazon、楽天、ヤフオクの全ページから吟味したよ!

スノボ三昧

そして肝心のスノボ三昧。家からゲレンデが超近く、仕事も時間の融通が利くのでその気になれば毎日出撃が可能!

・・・最大のネックは、体力不足だと気づくのにそう時間はかかりませんでした。